サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

乳がんでアフィニトール®錠を服用される方へ

抗がん剤の治療中は、さまざまな要因で食事がとりづらくなりがちですが、特にその副作用である口内炎の痛みによって、十分な食事量がとれなくなることがあります。
食べる量が減ると、栄養状態が悪くなり、体力や免疫力の低下につながります。また、治療の継続にも影響がでてきます。このため、食事をとることは治療を行っていくうえで、とても大切です。
そこで、口内炎がみられるときでも、治療中の食事を少しでもおいしく食べていただけるように、口内炎対策レシピ集「少しの工夫で、いつものごはん。」を作りました。
ここでは食べたい時に食べられるものを食べていただきたいという考えから、痛みによる負担を減らし食事をとりやすくするための工夫をご紹介しています。

レシピ一覧

主食

汁物

主菜

副菜

調理と食事のポイント

食べたり飲んだりした時の痛みの感じ方は、口内炎の症状の程度によっても異なります。 痛みの程度に合わせて食材や調味料を調整したり、調理方法を工夫してみましょう。

調理と食事のポイントダウンロード[PDF]

控えたほうがよいもの

しみる原因になりやすいもの

しみる原因になりやすいもののイメージ

酸味の強いもの:柑橘類
塩分:塩、 しょうゆ

代わりにかつお、こんぶ、鶏ガラなどのだしを利用する。

調味料としての使用は刺激が強いので控え、野菜のアク抜きや、肉をやわらかくするなど必要に応じて使用する。

香辛料:唐辛子、わさび、からし、しょうが など

香りづけ程度の使用は食欲増進につながることもあるので様子をみながら。

みそ・マヨネーズ

個人差が大きいので様子をみながら。

口の中を傷付けることになりやすいもの

口の中を傷付けることになりやすいもののイメージ

かたいもの:おせんべい、フランスパン など
弾力があるもの:いか、たこ、貝、こんにゃく など

(食べ物を噛む回数が増えることで、口の中を噛んでしまいやすくなる。)

患部への刺激となりやすいもの

患部への刺激となりやすいもののイメージ

傷口に入り込みやすいもの:ミンチ、おから など
口の中に貼りつきやすいもの:海苔、おもち など

おすすめしたいこと

噛むことを減らす

ゆでたもの、水分の多いもの、あんかけなどのイメージ

やわらかくする : ゆでる、煮込む など
なめらかにする : 水分を多くする など
とろみをつける : あんかけ、白和え など

噛むことは大切ですが、同時に口の中を傷付けやすくもなります。口内炎ができているときは、噛むことが少なくても消化しやすく、のどごしのよい、まとまりがある仕上がりにすることが調理のポイントです。

飲み込みやすくする

スープ、お茶のイメージ

水分を一緒にとる

食べ物が口の中でばらけると傷口に入り込みやすくなりますが、水分を一緒にとることで、食べ物がまとまりやすくなり、飲み込みやすくなります。

温度による刺激を減らす

体温計のイメージ

人肌程度の温度にする

口の中に入れた時の温度が高くても低くても患部への刺激になるので、食事の温度もポイントです。

食事をすることに対する心理的負担を減らす

数回に分けて食べるイメージ

数回に分けて食べる

一度にたくさん食べる必要はありません。
食べられるときに食べたいものを食べることも大切です。

食事に関する注意点

  • 食べやすいようによく煮込んだり、とろみをつけたり、裏ごしをしたりしましょう。
  • 痛みが強い場合には、バランス栄養飲料(濃厚流動食)や栄養補助食品などを利用しましょう。
  • 口の粘膜を刺激するため、お酒やタバコは控えましょう。
お酒やタバコを控えるイメージ
!
  • 痛みが強く食べられない場合には、点滴などにより栄養を補給するようにします。
    がまんせず医師や看護師に相談してください。
  • 食事をとらない場合でも歯垢(しこう)が歯につくので、口の中を清潔に保ちましょう。