サポートされていない古いバージョンのInternetExplorerを使用しているようです。ブラウザを最新バージョンのMicrosoftEdgeに更新するか、Chrome、Firefox、Safariなどの他のブラウザの使用を検討することをお勧めします。

グリベック®を服用されるGIST(消化管間質腫瘍)患者さんへ

監修:
湘南鎌倉総合病院 臨床腫瘍科
澤木 明 先生

分子標的治療薬とは、選択的に腫瘍細胞の鍵を握る異常な分子を標的とする抗がん剤のことです。従来の抗がん剤とは異なる新しい分類の薬剤です。
腫瘍細胞の増殖には通常、いくつかのタンパク質(分子)が関わっています。GISTの場合はKITという分子が変化し、増殖シグナル(信号)を伝達していることがわかっているため、これを標的とする薬剤としてグリベックが開発されました。
分子標的治療薬は、従来の抗がん剤より比較的副作用の管理がしやすく、長期にわたる治療の継続も期待できます。

従来の抗がん剤の効き方イメージ・分子標的治療薬の効き方イメージ

<イメージ図>